さみしい…オリンパスがカメラ事業を売却

OLYMPUS OM-D E-M10 Mark2 + G.Zuiko 40mm f1.4

オリンパスが、デジタルカメラなどの映像事業を、
投資ファンドに売却することになったようです。

個人的に、オリンパスというメーカーには思い入れがあります。

私のカメラライフの始まりは、中学・高校生の頃。
使い捨てカメラで写真を撮るのが楽しくて、
現像や焼き増しにお小遣いをつぎ込んでいました。

そのうちちゃんとしたフィルムカメラが欲しくなって、
大学生になって初めて買ったのが、
ずっと憧れていた OLYMPUS PEN-FT でした。

カメラのことをほとんど知らないのに、
中古カメラ屋さんに乗り込んで行ったときは、
本当にドキドキしたのを覚えています。

OLYMPUS PEN-FT

その後はいくつかのメーカーのデジカメを使いましたが、
ここ数年はオリンパスに戻って来ていました。

大荷物が苦手な自分にとって、小型で軽量なオリンパスのカメラは本当に良き相棒です。
今もブログの写真はほとんど OLYMPUS OM-D で撮影しています。

今回の事業売却先は、かつてVAIOを買った日本産業パートナーズ(JIP)で、
VAIOの時のように、OM-D、PEN、ZUIKOなどのブランド名が残るよう協議中とのことですが、
どうあがいても会社名は変わってしまうので、
暫くしたらカメラやレンズからOLYMPUSの名前が消えてしまうのかと思うと、
本当にさみしい限りです。

タイトルとURLをコピーしました