【父の日】Tシャツ作りました【SUZURI/Tシャツトリニティ】

3日間サイトが落ちてましたorz

Tシャツを作った話の前に…

ここ最近ブログのチェックをしていなかったのですが、
数日前にレンタルサーバーのリニューアル作業があり、
その際データベースが上手くコピーされなかったようで、
丸3日以上サイトが表示されない状態になっていましたorz

その間見に来てくださった方には大変申し訳ありませんでした。

気付いてすぐ問い合わせをしたところ、
作業前のデータベースをリストアしてもらうことができ、無事復旧となりました。

自分できちんとバックアップを取っていなかったので、復旧できないかもと冷や汗が…
復旧後、すぐさまデータベースとwordpressのバックアップを保存しました。
バックアップ大事です、本当に。

Tシャツ作り

Adobe Frescoでイラスト作成

ということで本題へ。

ブログをチェックしていなかったのは、
父の日にプレゼントするTシャツのイラストを描くのに難儀していたからです。

今まではIllustratorを使ったベクターイラストがほとんどでしたが、
今回はWindows版のFrescoを使って描いてみました。

これまでも(ラスター)イラストを描いてみようと、
PhotoshopやMediBang Paint、CLIP STUDIO PAINT、
有名どころのソフトを使ってみましたが、
デジタルイラスト素人であり、安いペンタブレット使いの私にとって、
一番描きやすかったのがAdobe Frescoでした。

それでも、絵を描くこと自体得意な方ではないので、
何度も描いては消し、消しては描き、数日費やしました。

あと長く作業をしていると、
Frescoの処理が少しずつ重くなってくるのが気になりました。
私の環境だけででしょうか?

SUZIRI

イラストをグッズにできるSUZURIというサービスに登録していたので、
今回はそちらで作ることにしました。

SUZURI: https://suzuri.jp/

そしてこれが、ニワトリ好きの父のための渾身の作品です。

SUZURIは、原価にトリブンと呼ばれる儲け分を上乗せして売るのですが、
自分がアップしたものは、トリブン抜きの価格で購入できるので、
アップしてすぐに自分で注文しました。

私のページはこちらです。
※イラスト系の名義はかぱさんです。

かぱさんち ( copper3 )のオリジナルアイテム・グッズ通販 ∞ SUZURI(スズリ)
公式アイテムの通販サイト「SUZURI」。かぱさんち ( copper3 )のオリジナルアイテム・グッズ販売中。オリジナルアイテム・グッズを在庫無しで1つから手軽に作成・販売できるサイト、SUZURI(スズリ)。自分だけのTシャツやスマホケースなどを簡単につくることができます。

Tシャツトリニティ

せっかくなので、今回Tシャツトリニティというところにも登録してみました。

Tシャツトリニティ: https://www.ttrinity.jp/

こちらは、週間ピックアップと鳥特集ページにも掲載してもらえました。
気になった方はぜひご覧ください。

私のページ(ショップ)はこちら。

かぱさんち:https://www.ttrinity.jp/shop/copper3/

※登録したてなので、まだ体裁が整っていません。
 リンクをブログカードにするとサイトが重くなるのでテキストリンクにしています。

ちなみに、父の日に間に合うようSUZURIで慌てて注文してしまったけれど、
こちらの方がもともと安い上にセールだったので、早まったー(汗)

SUZIRIとTシャツトリニティのメリット・デメリット

2つのサイトの違いについて書かれている方は多いと思うので詳細は割愛しますが、
作り手として個人的に感じたメリット、デメリットは以下のような感じです。

■SUZURI

【メリット】

  • 登録が簡単。審査がないので画像アップ後すぐ販売開始できる。
  • グッズの種類が多い。
  • 商品をツイートしやすい。自分の作品のイメージ画像をダウンロードして使える。

【デメリット】

  • Tシャツの印刷方法が、淡色はブレンドモード、
    濃色はホワイトモードと決まっていて自分で選べない。
    (ホワイトモードだと販売価格が高くなる。)
  • トリブンの設定額が100円単位で、まとめて登録すると個別に変更できないので、
    ものによっては高くなりすぎてしまう。
  • グッズごとに画像の細かい位置の指定ができない。
    (スマホケースなどはすべてのサイズに対して設定が1つなので配置が難しい。)

■Tシャツトリニティ

【メリット】

  • Tシャツの色の種類が多い。Tシャツの色ごとに、ブレンドモード/ホワイトモードを選べる。
  • グッズごとに細かく画像の配置できるので、仕上がりのイメージがしやすい。
  • グッズごとに上乗せする価格を1円単位で設定できるので、販売価格を調整しやすい。

【デメリット】

  • 画像をアップしてから審査があるので、すぐに販売が開始できない。
  • 全部のグッズを登録しようとすると、果てしなく時間がかかってしまう。
    (Tシャツだけでも種類が多く、スマホケースも機種ごと)

ちなみに購入者側としてであれば、
Tシャツトリニティの方が、キーワードやトピック、特集などから、
欲しい商品が探しやすいと思います。

タイトルとURLをコピーしました