ミニチュア「裁縫部屋」飾り棚と小物の作り方

miniature sewing room

先日完成した「裁縫部屋」ミニチュアボックスのパーツの制作過程を、
ご紹介していきたいと思います。
(ミシン台と付属パーツは自作ではなく、初期シルバニアファミリーの家具です。)

ボックス全体についてはこちらの記事に写真を載せています。

ミニチュアボックス「裁縫部屋」
だいぶ前になりますが、実家に帰った際、初期のシルバニアファミリーの家具を発見しました。最近のプラスチック感が強いものより、リアルで本当にかわいいので、このミシンをメインにミニチュアボックスを作成することにしました。今回は、完成品を紹介...

今回は飾り棚と小物の作り方です。

飾り棚

ミニチュア壁面棚の作り方①

ホームセンターで買った桧の工作材(2mm厚)をカットします。
完成サイズは50mmx30mmx10mm。

ミニチュア壁面棚の作り方②

ボンドで接着。(ちょっとずれてますね…やすりがけも甘かった…)

ミニチュア壁面棚の作り方③

乾いたらアクリル絵の具で着色します。

毛糸玉

毛糸玉は、ダイソーのレース糸をぐるぐる巻いたものです。
ティッシュを小さく丸めたものを芯にして、
適宜ボンドをつけながら巻きました。

ミニチュアの毛糸玉

刺繍糸

ミニチュア刺繍糸の作り方①

刺繍糸は、本物の刺繍糸を2本取りにして定規に数周巻きつけます。
この時、少し端を余らせておくと巻きやすいです。

ちなみにダイソーの刺繍糸はゴワゴワしていて扱いづらいので、
手芸店で買ったものを使用しています。

ミニチュア刺繍糸の作り方②

1本取りの糸で上下2箇所を結びます。

ミニチュア刺繍糸の作り方③

結んで余分な部分を切って完成。

ちなみに、売っている状態をイメージして、
結んだ部分を紙を巻いてみましたが、
微妙な感じだったのでボツになりました。

ミニチュア刺繍糸ボツ作品
ボツ

アルミケース

ミニチュアアルミケースの作り方①

アルミケースは0.3mm厚のアルミ板を使いました。
ケース部分は20mmx8mm、切り出しサイズは28mmx14mm、
蓋の部分は24mmx10mm、切り出しサイズは30mmx14mmです。

高さはそれぞれ、3mmと2mmですが、
ケースの端は折り込みを考慮して、
長辺はそのままの値、短辺は+1mmにしています。

ミニチュアアルミケースの作り方②

完成サイズにけがき、青い印の部分は切り込みを入れます。

ミニチュアアルミケースの作り方③

ペンチで長辺を90度に立てます。

ミニチュアアルミケースの作り方④

次に、切り込み部分を90度折り込みます。

ミニチュアアルミケースの作り方⑤

最後に、短辺を90度に立てます。
短辺がはみ出たら、カットして高さを揃えます。

ミニチュアアルミケースの作り方⑥完成

刺繍糸を入れて完成。

蓋はギリギリで開けにくくならないよう大きめにしたので、
ゆるく被せてあるだけのような感じです。
しっかり嵌めたい場合は、蓋をもう一回り小さくしてもいいかもしれません。

サイズを変えたらお弁当箱などにも使えそうかなと思います。

切った後の処理は特にしていませんが、
手が切れそうで危ないといった感じはありません。
ただ、お子様が触るような場合はお気をつけいただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました