【春~初秋の雑草】春の七草・白い小さな花がかわいい-ハコベ

ハコベ

春の七草の一つ、ハコベ(ハコベラ)。

コハコベとミドリハコベをまとめて「ハコベ」と呼び、
両方とも食べることができます。

萼の部分が星形でとてもかわいい雑草です。

コハコベ

和名 コハコベ(小繁縷)
英名 Common Chickweed
分類 ナデシコ科ハコベ属の一年草、越年草
花の特徴 花の色:白、大きさ:6~7mm、花びらの枚数:5枚
開花時期 3月~9月

ミドリハコベ

和名 ミドリハコベ(緑繁縷)
英名 Greater Chickweed
分類 ナデシコ科ハコベ属の一年草、越年草
花の特徴 花の色:白、大きさ:6~7mm、花びらの枚数:5枚
開花時期 3月~5月

コハコベとミドリハコベの見分け方

個人的に見分けやすさを〇△✖で評価してみました。

葉の色

コハコベは暗い緑、ミドリハコベは明るい緑とありますが、
並べてみないとわからないのではないでしょうか。

茎の色

コハコベは茎が紫がかっていて葉の色が濃いようですが、
ミドリハコベが紫がかっていることもあったり、
逆にコハコベが緑っぽいこともあるそうなので、
これで判断するのはやめたほうが良さそうです。

雄しべの数

コハコベは雄しべの数が1本~7本、ミドリハコベは5本~10本なので、
4本以下ならコハコベと判断できます。

ただ、5本~7本だとどちらかわかりません。

種子の形状

正確に判断するためには、種子の形状を見るようです。
実の中にある種子には突起があり、
ミドリハコベの方だけ突起の先が尖っているそうです。

ハコベの写真

ということで、
ここではすべてハコベとして写真を掲載したいと思います。

全部同じ日に同じ場所(父親が趣味でやっている畑)で撮りました。
拡大してもやや不鮮明で申し訳ありません。
(見える限りでは、雄しべの数が3本~4本くらいのようなので、
もしかしたらすべてコハコベなのかもしれません。)

ハコベ
5月上旬、iPhoneで撮影。
ハコベ
5月上旬、iPhoneで撮影。
ハコベ
5月上旬、iPhoneで撮影。
ハコベ
5月上旬、iPhoneで撮影。
セリとハコベ

このページの一番上の写真だけ、OLYMPUS OM-D E-M10Ⅱで撮影。

タイトルとURLをコピーしました