【春~初夏の雑草】ハコベよりさらに小さい白い花-ノミノツヅリ

ノミノツヅり
5月上旬、iPhoneで撮影。

ノミノツヅリ

ハコベと同じナデシコ科ですが、花が2~3mmとさらに小さく、
より可憐な雑草、それがノミノツヅリです。

和名 ノミノツヅリ(蚤の綴り)
英名 Thyme-leaved Sandwort
分類 ナデシコ科ノミノツヅリ属の一年草~越年草
花の特徴 花の色:白、大きさ:2~3mm、花びらの枚数:5枚
開花時期 3月~6月

 

ちなみに、このサイトのファビコンは、
ノミノツヅリを虫眼鏡で覗いているイメージです☆

変種:ネバリノミノツヅリについて

ノミノツヅリには変種として
ネバリノミノツヅリ(粘り蚤の綴り)というのがあり、
こちらは、萼・茎・葉に腺毛があるそうです。

腺毛というのは、先端が球状に膨らんだ毛のことですが、
今回掲載する写真は、iPhoneで撮影したものばかりなので、
そこまで判別することができませんでした。

今回はノミノツヅリとして載せておき、
いずれわかりやすい写真が撮れたら更新しようと思います。

ハコベとの違い

ノミノツヅリ
5月上旬、iPhoneで撮影。ノミノツヅリ。
ハコベ(コハコベ)
5月上旬、iPhoneで撮影。ハコベ(コハコベ)

星形の萼と実の形はハコベと似ていますが、花びらには深い切れ込みがありません。
(ハコベの花びらも5枚ですが、2つに裂けていて10枚に見えます。)

また、葉っぱもハコベに比べて小ぶりです。

ハコベの記事はこちら

【春~初秋の雑草】春の七草・白い小さな花がかわいい-ハコベ
春の七草の一つ、ハコベ(ハコベラ)。コハコベとミドリハコベをまとめて「ハコベ」と呼び、両方とも食べることができます。萼の部分が星形でとてもかわいい雑草です。コハコベ和名コハコベ(小繁縷)英名Common C...

 

ノミノツヅリ、コメツブツメクサ、セイヨウタンポポ、スズメノエンドウ
4月上旬、iPhoneで撮影。

コメツブツメクサも小さい花ですが、
セイヨウタンポポと比べると、かなり小さいのがわかります。

よく見ると、さらに小さいスズメノエンドウも写ってますね。

タイトルとURLをコピーしました